Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休演日を挟んで、楽日の観劇。

前回はシモテ、今回はカミテ。
何となくだけど、カミテのほうが舞台の奥まで見えて良かったかも。

えーと。
皆さん、揃ってカミ過ぎ飛ばし過ぎどん詰まり過ぎです。
出演者の方のblogを拝見してたら、前日が全体打ち上げだったそうで…。
それのせいには絶対したくないけれど、ちっとヒド過ぎるやね。

流れは、初見時よりもスムーズになってた…ように感じた。
悪しき(苦笑)「クロモットイレ」も「ん」までちゃんと聞き取れたり。
中盤からラストまでの疾走感も増して、楽しかったです。
だからこそ、説明不足な部分が浮き出たような気もする。
医者の娘は、どうして一緒に住んでるのでしょうか。未だ謎です。
あと、彼女が話すと、なんか一段ぼっこり下がるんだよな…。
なんだろうなぁ…。これで最後まで通したんだから、ヨシなんだろうなぁ…。
でも、再演があるなら、もう少し説明を加えたうえで、別の人希望。


今日もやはり、柿丸さんが良かった。
謹慎明けの半蔵を迎えて、引きちぎるような「遅かったねぇ」が胸に刺さった。
単なるチャンバラ活劇じゃなくて、切なさをはらんでいるのがいい。
結果的には勧善懲悪なんだけども、ちょっとズレてるというか。
でもそのズレは、それぞれの正義の元に生まれたズレであり、
「結果のためには手段は選ばねぇ」主義の半蔵にとっては、
歯がゆさもあるけれど、そのズレも含めての、正しい結果、であり。
だからこそラスト、ちょっと首をかしげて苦笑う、その背中が悲しさを誘う。

千秋楽だったので、出演者紹介@栄島さんあり。
一、二歩進み出て抜刀した亨さんに狂喜乱舞(笑)。かっこいーーーーー !!!!!
その横で、「うぉぉぉ」とのけ反ってた銀ちゃんもラブ。

あ、銀ちゃん。
初見の日とは下帯(?)が違ってましたね。ってどこ見てんだ(苦笑)。
あと、銀ちゃんの発する「おい」と「あい」と「やい」が混ざったような、
独特の「ぅおぁい!」的な呼びかけ、良いっすなー、場が締まって。

さ、「女信長」をどうするか。

休演日前の中日。観てきたー。

小池さんの原作を、銀ちゃん(かみそり半蔵)がどう演じるのか楽しみでした。
かなり格好良かったな。ひと癖ある、でも心根真っ直ぐな同心がよく似合っていた。
前半、全体の1/4あたりまでが何となくもったりしていて、
もうちょっと絞ったほうがダレなくていいな…とも思いますが、
これはまぁ、演出の好みの範疇だろう。

キャストは…これも趣味だろうけど…微妙な感じの人もいる。
でも、「それも演出の範囲です」って言われたらそれまでだし。
けどなー。何言うてるかわからん、て致命的だと思うんですが。

柿丸さんと荒谷さんがきゅっとハマってて良かったです。
大沢くんは安心して観られる。特に所作。
「初ヅラ!」と心配していたきださん&前田さんも似合っていたと思う。
亨さんはもうちょっと立ち回りが観たかった。

小池作品に付きもののエ○ス(笑)は、無いに等しかったです。
まぁ、舞台だしこんなもんか。
しかし、あまりにも省略されていたので、
すわ、半蔵(銀ちゃん)と文七(大沢くん)がそういうコト!?と
思わず勘ぐってしまった(苦笑)。文七は人気女形だし。

あと、ひとつダメ出し。
劇中で使われる単語、スリ集団「黒元結連」。
これ、もう少し「意味を理解して台詞に変えてる感」を出してほしい。
「くろ(黒い) もっとい(元結で髷を結った) れん(連中)」であるはずが、
「クロモットイレ」にしか聞こえない。
それは(舞台上で)生きている人間の話す言葉じゃないよ。
なんか、その人物になって話してるというよりは、
台本に書かれた文字を頭から順に消化してるような感じに
受け取られかねないキャストもいるように見えた。
それじゃ単なる「音」だ。「人」が語る意味がない。それはよくない。


初見の感想はこんな感じ。楽日にもう一度拝見します。
「ん?」と思ったところが、少しでも直ってるといいなぁ…。

e+にて、銀ちゃん・大沢くん・きださんのコメント動画が!

初日まで、もう10日くらいですもんね。
出演者さん方のblogでは、
徐々にしっかりまとまってきた…という言葉を目にします。
楽日の幕が下りるまで、誰一人ケガなどしませんように。


で、銀ちゃんですよ。か、格好良いな……(遠い目)。
時代物なんで当然ですが、浴衣(着流し?)姿です。素敵じゃ……。

動画最初の、笑いたいのを我慢して口の端っこが上がるのとか、
自分のコメントが済んで、明らかにほっとした顔とか(笑)、
観てるこっちが、若干恥ずかしいです(苦笑)。

それにしても、地声で話す銀ちゃんもやっぱりいいなぁ。
舞台上の、パリーンと張った通る声も好きだけど、
普通のトーンで話す、ちょっと低めの柔らかい声も良い。
ああもう、まるっと大好きだ!(うざったいな)

中日と楽日。楽しみ。

銀ちゃんの、次の次のお芝居決定。

女信長
東京公演:2009年6月5日~6月21日 東京/青山劇場
大阪公演:2009年6月26日~6月28日 大阪/シアターBRAVA!


詰まりまくってるわねー(汗)。
主演はメイサちゃんとアッキー、になるのかな。
黒川くんと清家さんも一緒だ。

メイサちゃんもアッキーも好きだし、
銀ちゃんは言わずもがなではあるが…苦手な人が一人……。
前売り(4/26)まで、もうちょっと悩もう。

それにしても、結構なチケ代だわいのぅ。

銀ちゃんの次のお芝居決定。
TSミュージカルファンデーションなんですけど…

天翔ける風に
原作:野田秀樹「贋作・罪と罰」より
企画・演出・振付:謝珠栄
2009年8月21(金)~8月30日(日) 東京芸術劇場(中ホール)
 ※9月3日(木) びわ湖ホール/9月6日(日) 新潟 りゅーとぴあ
【出演】
香寿たつき、山崎銀之丞、戸井勝海、今拓哉、阿部裕、平澤智、
剣持たまき、福麻むつ美、照井裕隆、友石竜也、川本昭彦、平野亙、
福永吉洋、幸村吉也、横田裕市、進藤健太郎、中條郁司郎、高山光乗

宝塚と東宝と四季のなかに、銀ちゃんが放り込まれている感(苦笑)。
いやまぁそりゃ銀ちゃんだってつかさんとこの出身ですけども。

このメンツで、歌って踊らないわけがない。
銀ちゃんひとり踊ら(歌わ)ない、なんてありえない…よね。
あー、どうなるんでしょうか(笑)←楽しんでる

行きますよ。


Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 aj-caos, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。