FC2ブログ
Selected category
All entries of this category were displayed below.

昼の部
・鳴神
・鬼平犯科帳「大川の隠居」
・釣女

・鳴神
初の染五郎上人。雲の絶間姫に芝雀さん。
実年齢もあって、全体を通して若々しい鳴神でした。
もう少し経つともっと良くなるかな、と思ったけど、最後の花道。
あれは、今の若さだからこそのスジと魅力でしょうか。
予想していたよりは、ずっと良かったです。
っていうか、最近の染五郎さんて何やらせてもキマるよね、すごく。
芝雀さんは、本当に品が良い。何を見てもそう。
これはきっと、ご本人の性格から匂い立つ上品な美しさなんだろうなぁ。
もうちょっと声が良かったら……とも思うけれど、この辺は個人の趣味なんで。

・釣女
歌昇さん(太郎冠者)の踊りの巧さに頭を下げて終わりました。
あと、吉右衛門さん(醜女)のひきだしの多さにあんぐり。
ついさっきまで、渋い鬼平だったのにーッ(笑)。
正直、踊りの演目は不得手だったけれど、これは楽しかったなぁ。
芝雀さんと錦之助さんの美男美女(美男美男だけど)も素敵でした。
二代目は、本当に姿がいい!
「二枚目」ってのは、こういう人のことを言うんだと思うよ。
大名某の錦之助さんが「高砂」を歌う場面で、
「キャーv 錦ちゃん!」とアドリブで突っ込んだ吉右衛門さんに拍手(笑)。


は新橋です。
染五郎さん観られるのが嬉しいな。芝雀さんとの「鳴神」です。
一度、三津五郎+時蔵で観てますが、
この時蔵さんの雲の絶間姫が美しかった……。芝雀さんにも期待。

あと、鬼平っすね。松江さんのうさ忠ってどんなだろう。
イメージは、どうしても尾美としのり(笑)。

先月に続いて錦之助さんもご出演なので、これまた楽しみです。
ただ、朝早いのがな……orz

四月大歌舞伎
中村信二郎 改め 二代目 中村錦之助襲名披露

夜の部
・源平布引滝-実盛物語
・二代目 中村錦之助襲名披露 口上
・双蝶々曲輪日記-角力場
・新皿屋敷月雨暈-魚屋宗五郎

土曜だったからか満席。
新・錦之助丈は、角力場の放駒長吉/与五郎と、魚屋宗五郎の磯部主計之助。
とっても贅沢な配役でした。まさに良いトコどり。
すらりとした信二郎さん(と言ってしまう……)には、
与五郎がいちばん似合っていたような気がします。って、私の趣味ですが。
今回のお目当ては、この角力場での二役でしたから。
あと、立場的にそこしかない、のではあるが、
富十郎さんが濡髪って聞いたときは正直、「どないなんの?」と思いました。
イメージとして、どすんと大きな恰幅の良い人=濡髪だったので……。
ほら、富十郎さんて小柄でしょう。
でもさすがと言うか、オーラが違うというか、大きかったな(座ってる間は)。

普段は、いわゆる松嶋屋さん一門を好んで観ています。
が、時蔵・信二郎の萬屋兄弟は、別格というか何というか。
初めて「歌舞伎を観るぞ」と意識した舞台に、このお二方がいたからかも。
錦之助としての新たな門出に立ち会えたことを嬉しく思いました。
来月も新橋で錦之助さんですよ。

第16回 上方歌舞伎会 国立文楽劇場 11時~

一、春調娘七種
曽我十郎 鴈秀
曽我五郎 當吉郎
静御前 りき弥

二、双蝶々曲輪日記 角力場 一幕
濡髪長五郎 千蔵
山崎屋与五郎 鴈祥
平岡郷左衛門 千志郎
三原有右衛門 松次郎
角力弟子かんぬき 松四朗
角力弟子団子山 吉昇
茶屋亭主 鴈大
傾城吾妻 當史弥
放駒長吉 千次郎

三、妹背山婦女庭訓
杉酒屋お三輪 純弥
入鹿妹橘姫 竹朗
鳥帽子扇折求女 鴈洋

四、恋飛脚大和往来 封印切 一幕
亀屋忠兵衛 千壽郎
遊女梅川 扇乃丞
井筒屋おえん 竹雪
女郎鳴渡瀬 翫之
女郎喜代川 松之
仲居お愛 比奈三
田舎大尽猪山 松三郎
槌屋治右衛門 佑次郎
丹波屋八右衛門 松之助


放駒の千次郎さん目当てでした。
あと、千壽郎さんがどんな忠兵衛になるのかを。

以下、各演目の感想を箇条書き。

・春調娘七種
朝イチでこの踊りは、結構しんどい(本音)。
りき弥さんの可愛らしさが救いでした。
當吉郎さんが、もうひと…ふた踏ん張りくらいだな。
まだ今は、型を取るのに一生懸命と言うか。
踊りってさ、台詞が無い(少ない)分、
ひとつひとつの流れが持つ「意味」が、とても重要になると思うの。
その意味というか内側まで、今はまだ踏み込めていない。
だから、「くるっと回ってキメ」というふうにしか見えない。
ズブの素人が、偉そうなこと書きよるなぁ…って思いますよ(苦笑)。
でも、これからの役者さんやからね。
精進して、成長して戴きたいです。
鴈秀さんは、また踊りで観たい。古風な顔立ちが、踊りに似合う。

・双蝶々曲輪日記 角力場 一幕
まず、何はともあれ千次郎さん。
予想以上でした。
「このくらいの力量かな」と予想して行った、その上だった。
小柄なところが少々惜しくもあるが、
若々しくて熱血漢な放駒を、爽やかに演じていらした。
観る毎に、声の通り(伸び)が良くなっているように思います。
いいなー。大好きだなー、こういう役者さん。
与五郎・鴈祥さんも、つっころばしの若旦那が似合っていた。
この演目自体好きなので、楽しかったス。

・妹背山婦女庭訓
純弥、かわいいなー。
手先の所作に若干「男の子」が見え隠れするんだけども、
なかなか似合うお役だった気がする。
最後の花道、糸が切れたところの表情なんか、グッときたな。
吉弥さんのお弟子さんだからね!
どんどんお稽古つけてもらって、大きくおなりんさい!

・恋飛脚大和往来 封印切
私ね、「忠兵衛」好きなんですよ。
で、過去に観た忠さんは仁左右衛門さんと愛之助さんでしてね。
3回目が千壽郎さん。これ、キツいでしょう(自己中)。
が、この人は本当に器用なので、ちゃんと忠さんになってましたな。
まあ、お稽古つけたのが仁左右衛門さんと秀太郎さんですから…。
八右衛門(松之助)さんの、ねちねち厭らしい感じも良かったです。
それに圧迫されて、きゅうううと気圧を下げていく忠さんが、
この作品の見どころですもんね。
目に留まったのは、おえん役の竹雪さん。
かなり難しい役どころだとは思うのだが、板についてたなぁ。
台詞まわしとか裾捌きなんかに、ハラっとする瞬間はあったけど、
次も竹雪さんのおえんが観たい、と思わせる力も持ち合わせてた。


これで3500円は、いい相場なんでは。
多分コレ、近所だったら通うね(苦笑)。
放駒の生写真買えばよかったかなー。

あ、劇場のサンドイッチが値段にそこそこ見合っていたよ。
歌舞伎座はやっぱり高すぎる。

チケット代がバカにならんので、
少々二の足を踏んでおりましたが、行きます

なんたって出演者でしょう。
OKです、何も言うまい!クラスの顔ぶれ(私基準)。
亀鶴さんも出演されるし、こらー楽しみだ。

何より。久し振りの高麗蔵さんだよ(涙)。
立役が続いていたので、一も二もなく昼の部(吾妻)にしました。
相手方も申し分なし。
幸四郎さんは言うに及ばず、最近、染五郎さんが良いんだよなぁ。
役とニンが、ぴたーッと寄り添うようになってきたというか。
ま、私ごときが偉そうなコトは言えませんが。

夜の部、時蔵・魁春の「二人夕霧」も心惹かれますが、
余裕資金のない決め打ち観劇なので、ここは大人しく涙を飲みます。


Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2019 aj-caos, All rights reserved.