上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインは、愛之助・秀太郎さんでしたが、
気になった若手役者さんもちらほら。書いとこか。

今回のメンツのなかで「巧い」と思ったのは、やはり千壽郎さんですかね。
こういう侠客っぽい役に慣れてるんかな。仇っぽい姉さん系の。
まだまだ若いし、もう少し年齢が積み重なっていけば、
そらぁ色気のある、良い女形になるんじゃないでしょうか。

目に留まったのは、お師匠さん役の千次郎さん。
ちょっと謎めいた影のある役が、声質とも相まってよく似合っていた。
出番は短かったかもしれないけど、存在感は(私にとっては)一番だったな。
しかし元来は立役、しかも二枚目だそうで。
ああ、きっとそれもハマる人でしょうね。

初めて「歌舞伎」ってものを観てからは、もう10年を余ってますが、
「ご贔屓さん」などというにはほど遠く、
未だ「この人が出てるから観に行こか」的なノリです。
その「この人」のなかに、千次郎さんは入った感じ。


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 aj-caos, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。