上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休演日を挟んで、楽日の観劇。

前回はシモテ、今回はカミテ。
何となくだけど、カミテのほうが舞台の奥まで見えて良かったかも。

えーと。
皆さん、揃ってカミ過ぎ飛ばし過ぎどん詰まり過ぎです。
出演者の方のblogを拝見してたら、前日が全体打ち上げだったそうで…。
それのせいには絶対したくないけれど、ちっとヒド過ぎるやね。

流れは、初見時よりもスムーズになってた…ように感じた。
悪しき(苦笑)「クロモットイレ」も「ん」までちゃんと聞き取れたり。
中盤からラストまでの疾走感も増して、楽しかったです。
だからこそ、説明不足な部分が浮き出たような気もする。
医者の娘は、どうして一緒に住んでるのでしょうか。未だ謎です。
あと、彼女が話すと、なんか一段ぼっこり下がるんだよな…。
なんだろうなぁ…。これで最後まで通したんだから、ヨシなんだろうなぁ…。
でも、再演があるなら、もう少し説明を加えたうえで、別の人希望。


今日もやはり、柿丸さんが良かった。
謹慎明けの半蔵を迎えて、引きちぎるような「遅かったねぇ」が胸に刺さった。
単なるチャンバラ活劇じゃなくて、切なさをはらんでいるのがいい。
結果的には勧善懲悪なんだけども、ちょっとズレてるというか。
でもそのズレは、それぞれの正義の元に生まれたズレであり、
「結果のためには手段は選ばねぇ」主義の半蔵にとっては、
歯がゆさもあるけれど、そのズレも含めての、正しい結果、であり。
だからこそラスト、ちょっと首をかしげて苦笑う、その背中が悲しさを誘う。

千秋楽だったので、出演者紹介@栄島さんあり。
一、二歩進み出て抜刀した亨さんに狂喜乱舞(笑)。かっこいーーーーー !!!!!
その横で、「うぉぉぉ」とのけ反ってた銀ちゃんもラブ。

あ、銀ちゃん。
初見の日とは下帯(?)が違ってましたね。ってどこ見てんだ(苦笑)。
あと、銀ちゃんの発する「おい」と「あい」と「やい」が混ざったような、
独特の「ぅおぁい!」的な呼びかけ、良いっすなー、場が締まって。

さ、「女信長」をどうするか。
スポンサーサイト


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2009 aj-caos, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。