Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、『宝塚BOYS』初日。

昨日のゲネプロを観た顕さんが、「拍手し過ぎて手が痛い」と書いてあった。
実際、自分が観てみないことにはわからんけど、
私が見終わったあとにも、同じ感動が待っていればいいな。

15日と23日に参ります。
スポンサーサイト

顕ちゃん出演の『歌の翼にキミを乗せ』の記者会見。

スポニチ(4人写真)
サンスポ(3人写真)
ニッカン(3人写真)
スポーツ報知(写真なし)

宣材もすてきよね。
個人的に、顕ちゃんにはセピアとかモノクロっぽい絵が似合うと思う。

西村さんだよ……。
そっちに集中して、顕ちゃんが疎かになったらごめん(汗)。
再来月に観に行きます。

『GHOOOOOST!!』のチケットが取れました。ほ。
これで、4月~8月は連続して何かしらの舞台へ、ということに。
こういうの久し振りだな。嬉しいぞ。

しかしまぁ、
LOOSER→COMPOSER→びっくり箱→
HONOR→宝塚BOYS(×2)→GHOOOOOST!!
って、何だか3番担当みたいな流れでやんす(笑)。
ドラマだって、結局この人が出てるヤツしか観てないし(2本とも)。
エンマ」もちょっと観てみたいし。

まだ上演中だから、伏せて書きますが。
「HONOR」も、何だか妙にシゲ目線で観てしまった。して、泣くオレ。
数観てないからわからんけど、
今の作品が、いわゆる「NACS」な芝居なんじゃなかろうか。
変に、気負ってないっていうか。
北海道でやってきた、その延長線で東京(大阪)に持ってきた、というか。
劇場で観られた前2作品より、好きな演目です。
っつーか、最後の琢ちゃんは反則(涙)。

今んとこ、ヅカが楽しみ。

これ、槍が降っても行きます。

シゲ舞台→『宝塚BOYS

脚本:中島敦彦
演出:鈴木裕美
出演:葛山信吾、吉野圭吾、柳家花緑、
    三宅弘城、須賀貴匡、猪野学、山路和弘

2007年6月 ルテアトル銀座
※以降7月 兵庫、新潟、札幌、名古屋ほか


出演者良すぎ。
どこ見ていいかわからん。
っていうか、吉野さん!
吉野さんとシゲ! 同じ舞台! あああああ(魂出

うーん。

顕さんのCUEダイアリー。
あれ、実際にはもっとキてるんだろなぁ…。

「芝居を観に行く」って、別に難しいことじゃないと思う。
そりゃ、細かいマナーはいくつもあるけれど、
常識があれば、それはすべてクリアできる事でしょう。
でも、行く側がそれを「芝居」だと思ってないとなると、
根本から意識を変えない限りは無理なんだろな。
普通「芝居」に、安田うちわなんざ持っていかない。

先日、私も紀伊國屋ホールに参りました。
そのときは↑ここまで酷くはなかったがな。
顕さん出てきた途端に笑い、とか。
とにかく台詞を発するたびに笑い、とか。

充分酷いか。
で、そのようなことを某共演者日記にも書かれ。

自分らの行動で、自分らが応援する人の肩身が狭くなるのにね。
そういう行動をすることで、舞台がハネたあとの顕さんが、
どんな立場に立たされるか…とかいう想像は出来んのだね。

言わなきゃわからん輩には、言うべきです。
教育すべき状況にあるなら、せねばならんよ。
しなくても出来るのがいちばん良いことだけど。


このあとダイアリー繋げるの難しいね(苦笑)。
でも、これはこれでアリだ。
今やらなきゃ、もう遅い。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 aj-caos, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。